初スノボ

4年ぶりくらいにスキーに行った。場所は斑尾のタングラムスキーサーカス。
半月くらい前から楽しみにしていたのに,暖冬のせいでゲレンデがなかなかオープンしない。毎日HPをチェックしながら祈っていた。

金曜の夜に出発。長野に入っても雪が全くない。スキー場に入っても,ない。不安一杯のまま,仮眠室で眠る。
土曜日,同行者がゲレンデの様子を見にいった。人工雪で何とか滑れるようだ。朝食は売店で・・・と思ったら,商品がほとんどない!チョコチップクッキー1枚とカンコーヒーで済ます。
同行の人たちが皆スノーボーダーだったので,私も初めてスノボに挑戦。片足だけにボードを固定し,スケーティングを教わった時点で体力の限界を感じる。休みながら、おだてられながら何とか左右に揺れながら滑る「木の葉落とし」ができるようになった。
ゲレンデは1コースのみ。それも人工雪なのでかなり狭く,表面が凍りかけている。そんな状態で,「死んでたまるか」ばりの気分で頑張った。
夜は早くも筋肉痛で手足をこわばらせながら,温泉と酒を堪能する。友人は記憶を無くす。
日曜日は筋肉痛を押しながら午前中はスノボを楽しむ。・・・というか、昨日より人が増えたので,とても怖いのだった。小さい子が直滑降で迫ってくる。スキースクールの人達がたむろっている。また「死んでたまるか」と頑張った。
午後は野沢温泉へ行き,町営の温泉をはしごした。お風呂によってお湯の色や湯の花の色が違っていて面白い。熱かったのであまり長湯はしなかったのに,体がぽかぽかした。
8時過ぎに帰宅。「あんな状態で滑れたんだから,良い状態のゲレンデだったら楽勝だよ」と言われたので,次回が楽しみ。
[PR]
# by sanadamichisuke | 2004-12-19 20:17

カーネーションライブ「21年目のカーネーションスペシャル」

カーネーション結成20周年ライブに行く。九段会館で17時30分より。

カーネーションというのは、直枝政広がボーカルの現在3人編成のバンド。現在流れている人材派遣のヒューマンのCMに彼等の曲が使われている。
(「なんで空に向かって吠えてばかりなんだろう」という歌詞が人材派遣に合っているのかどうかはちょっと疑問)→と思っていたら,生涯学習のヒューマンだった。生涯学習なら合ってる・・・?

私がカーネーションを知ったのはたぶん2000年。音楽が格好良いのはもちろんだけれど,直枝さんの書く歌詞が素晴しい。ダメな男、というか、世の流れからちょっと外れちゃってる男の恋の歌、と書くと凄く安っぽくって困ってしまうけど、オフィシャルホームページには「人生の哀楽を鋭く綴った歌詞」と書いてあって、それもまた魅力を説明するのには不十分だと思うので、曲を聴きながら歌詞を読んでもらえれば,きっとその魅力を分かってもらえると思う。

ライブはゲストを交えての3時間。デビューのきっかけをくれたムーンライダースの鈴木慶一氏、鈴木博文氏、白井良明氏や、東京スカパラダイスのトロンボーンの人や、バッファロードーターの人等,彼等にゆかりのある人達が多数出演し,セッションした。
11月発売のアルバムを聴いていなかったせいか知らない曲もあったけれど、全く気にせず3時間楽しんだ。

実はこのライブで,直枝さんから皆にプレゼントがあった。自費出版した詩集だ。会場の出口で配っていた。
グッズのTシャツを買い,詩集をもらってその先を見ると,皆が握手をしてもらっている人がいた。直枝さん本人だった。私は今までライブハウスで1回,インストアライブで1回直枝さんを見たことがあるけれど,その時の印象よりも直枝さんは小さかった。多分私より少し大きいくらい。そして、さっぱりした佇まいだった。ライブで3時間演奏し、跳ね回っていたのに,さっぱりした顔で皆に握手をしていた。
それが何だかとても嬉しかった。
[PR]
# by sanadamichisuke | 2004-12-12 22:49

ビデオ「機動戦士ガンダム」第7巻

第24話「追撃!トリプル・ドム」
第25話「オデッサの激戦」
第26話「復活のシャア」
第27話「女スパイ潜入!」

アムロはマチルダに補給部隊に入った訳を尋ねる。「戦争という破壊の中で、ただ一つものを作っていけるから。」
そんな中,キシリアは連邦軍のオデッサ作戦を阻止するため,「ジオンの三連星」と呼ばれる三人をマ・クベのもとに送り届けた。
出動するアムロ。間際にマチルダが投げキッスをした。
セイラはGファイターに乗り込むが,不馴れなため苦戦する。ジオンの三連星はドムによりジェットストリームアタックを仕掛けてくる。それを阻止しようとマチルダの乗ったミディアが突撃するが,逆にドムにより地面に叩き付けられてしまった。戦死したマチルダを悼み、全員で敬礼する。アムロは,マチルダの投げキッスを思い出す。「マチルダさーん!」
マ・クベの鉱物基地を破壊すべく,オデッサ作戦が開始された。
ブライトも無事に復帰し,作戦場所に向かう途中,アムロとセイラは連邦軍のドラゴンフライがジオンの基地から飛び立つのを目撃し、連邦軍にスパイがいるのではないかと疑う。そのまま尾行し,連邦軍にその旨伝え,エルラン将軍を始めスパイを捕獲した。
オデッサ作戦は開始された。ガンダムにより、期待していたドムの活躍が見込めずに苦境に立たされたマ・クベは,南極条約に反して水爆を使うとレビル将軍を脅迫する。脅迫に屈しない将軍。ブライトは水爆の破壊をアムロに指示する。「こんな雑な分解図で役に立つんですか!?」水爆は発射された。飛び上がったガンダムは無事に水爆の先頭を切断し,破壊した。
オデッサ作戦は成功したが,マ・クベは脱出した。「戦いはこの一戦で終わりではないのだ。考えてみろ。我々が送り届けた鉱物資源の量を。ジオンは10年は戦える。」
この戦いにより,ジオン軍はヨーロッパから大幅に後退することとなった。
ホワイトベースは修復すべく,北アイルランドにある連邦軍の基地に向かった。
基地に降り立つところを目撃したジオン軍のスパイである少女は,潜水艦マッドアングラーに情報を送った。
その情報を受け,確認に向かったのは、左遷されたシャアだった。「マッドアングラー隊に回されて早々に木馬に会うか。私は運がいい。」
基地では今後のアムロ達についての説明がレビル将軍よりなされた。皆は軍人として南米の連邦軍基地ジャブローに向かうよう命令された。拒否すれば,軍事機密を知った罪で,刑務所に入ることになるという。そして、ガンダムの存在を知ったジオン軍が様々なモビルアーマーを作っていることを知らされる。
そんな折,ジオン軍の水陸両用モビルアーマー、ゴックが基地に上陸。ガンダムは水中戦で勝利する。
カイは軍人でい続けることに耐えられなくなり,ホワイトベースを下りた。基地を出たところでジオンのスパイである少女,ミハルが声をかける。素性を隠してカイを家に招くミハル。しかし、カイは見抜いていた。ミハルの真意を知りつつもホワイトベースの情報を教えるカイ。
そんな中,ジオン軍のズゴック発進。ミハルは命令によりホワイトベースに乗り込むことになった。幼い弟妹にしばしの別れを伝えるミハル。「この仕事が終わったら,戦争の無いところへ行こうな,三人で。」
ズゴックの攻撃を受ける基地を見つめるカイ。ホワイトベースが気になってしょうがない。セイラに叱責された時のことを思い出すカイ。「ホント,軟弱者かもね。」
いたたまれなくなったカイは,仲間を助けるべく基地に戻る。修理の終わったばかりのガンタンクに乗り込み出動。ハヤトの乗るガンキャノンを助けた。
ガンダムもズゴックを破壊。ホワイトベースはミハルを紛れ込ませたまま飛び立つた。

またいい人キャラが死んでしまった。しかもあっけなく。
マチルダという人は,最後まで自分の使命に一生懸命だった。決して「このままいったら死んじゃうかも」と躊躇することは無かった。
本当に強い人だった,と思う。
かといってカイが弱いのかと言うと,そうではないと思う。
カイは口が悪く、しょっちゅう皆のヒンシュクを買っているけれど,思っていることを素直に口に出しているだけだ。
それだけなのに、極限状態にある人々からは冷たい目で見られてしまう。
もしかしたら,彼がホワイトベースの中で一番冷静なのかもしれない。
私も、結構場を考えずに正直な感想を口にしてしまう性格なので,カイをついひいき目で見てしまう。
カイは生き延びることができるのかなー。
それにしても,久々に現れたと思ったら,シャアは相変わらずマイペースと言うか・・・(笑)
まず、左遷されているはずなのに,格好が今までと変わらない。もうちょっと地味な格好でもいいんじゃ・・・。
そして、ガンダムのこととなるとまっしぐらだ。
この人が復活すると,ガンダムはまたしつこく追いかけ回されるに違いない。
今度は何に乗るんだろう。ザクじゃないよね?
[PR]
# by sanadamichisuke | 2004-12-09 23:52 | はじめてのガンダム

ひさびさ受験生

今日は簿記検定の日だった。実は6月頃に受けてみようと思いつき,すこ〜しずつ勉強していたんだけれど,ケロロ軍曹にハマり、ガンダムを観始めるようになったので、勉強は進むはずも無く・・・。
ようやく9月頃焦り始め,なるべく勉強の時間を作るようにしたんだけど、「電卓をたたく度に合計が違う」という基本的なところでつまずいたまま今日を迎えてしまった。
試験は朝9時開始。平日と同じ時間に起床する。会場は高校だったので,机が小さくってガタつく。足で押さえて受験。2時間の試験時間だが,久しぶりの試験なので,首が痛くなった。
帰宅後,ネットで回答速報を確認。答えをメモする時間なんてもちろん無かったので,うろ覚え&計算メモで再計算。予想得点は71点だった。合格点は70点以上。
・・・う〜ん、本番にちゃんとこの数字が出せてればぎりぎりセーフだけれど,自分の計算力に自信が持てない・・・。
まさに崖っぷち。合格通知は12月24日発送とのこと。なにも、そんな日を選ばなくても・・・。

とりあえず、しばらくは勉強のことを考えなくても良いので,ガンダム借りるぞ〜!!
どうやら次の話でマチルダが死んでしまうようなので,気になっていたのだった。
さ、過ぎたことは忘れて切り替え,切り替えっ。
[PR]
# by sanadamichisuke | 2004-11-21 22:04

うまれたよ。

鳴海さんが卵を産んだ。今年の6月に初めて卵を産んだ時はなかなか卵が出なかったので正直死ぬんじゃないかと思ったけれど,今回はサラッと産んだので一安心。もちろん、産んだら産みっぱなし。無精卵なので,ちょっと眺めて処分した。

昨日は「産む」つながりで、出産した同期に会いに川崎へ。途中通った恵比寿駅の発車音が映画「第三の男」のテーマ曲になっていたので驚いた。CMソングだ、エビスビールの。川崎に行ったのは初めてだったけれど,想像(煙突から煙がモクモク、住人は皆マスク着用)していたよりもこぎれいな街で,聞くと,駅前にあった工場が移転し,何年か前から再開発しているとのことで,マンションがたくさん建っていた。彼女の部屋はその中の一つで,駅から直結していてちょっとうらやましい。宅配ボックスはとってもうらやましい。赤ちゃんを観察し,ケーキを食べ、帰りは友人達と品川で食事をして帰った。品川は有名ホテルがあるので,結婚式帰りの客が多く,電車の中で引き出物と子供に押し潰されそうになった。
[PR]
# by sanadamichisuke | 2004-11-14 13:44

タワレコ

仕事帰りに新宿ルミネの本屋に寄る。
ここで初めて「シューカツ」が「就活」だということを知る。

以前どこかのサイトで「○○さんはシューカツ中です」というような文を読んで,
どうしても意味が分からなくて、何か専門的な作業をしているのに違いない。あまり
深く考えないようにしよう、と思って,もう半年くらい忘れていたのだけれど,
本屋にあった「就活」コーナーは、私の知っている「就職活動コーナー」に他ならなかったのだ。
あー、びっくりした。今は,「シューカツ」っていうんだー。
就活コーナーには「面接の達人」が平積みになってたけれど,今でも「面達」って言うんだろうか。
というか、今も売れてるんだろうか、「面達」。

その後,タワーレコードへ行って,カーネーションの20周年記念ベストアルバム「CARNATION IS THE GREAT R&R BAND!」を買った。
タワーレコードは今年で25周年だそうだ。
ガンダムも今年で25周年。初めて出会った時期が全然違うので,両者がどうしても結びつかない。
[PR]
# by sanadamichisuke | 2004-11-05 18:58

246番地の雰囲気

三鷹市芸術文化センターへペンギンプルペイルパイルズの公演を見に行く。
246番地という謎の場所を巡る探偵とその助手と田舎の金持ちの娘とその恋人の物語。ハードボイルドでコミカルで生演奏。格好いい舞台だった。探偵の助手役のぼくもとさきこがいい味出していた。
[PR]
# by sanadamichisuke | 2004-10-24 22:44 | 演劇

小鳥の病院最終日

チビを連れて小鳥の病院へ。目標体重45グラムを大きく下回り40グラムになったので,通院はこれで終了。
チビ,お疲れさん,ちゃんと電車に乗れて偉かったよ(騒がなかったと言う意味です)。
病院へ通いはじめて,小鳥の現代飼育事情を知った訳だけど、今,鳥の餌は,皮付きのよくあるやつからぺレットに移行しつつあるようだ。ぺレットとは,ウサギの餌みたいに固形になったもので、ビタミンが入っているのでこれだけでOKというものだ。皮付き餌の場合は、ビタミンが十分でないので,水に溶かしてやらなければいけない。
もちろん今までビタミンなんかやったことはなく、私の判断でどうとでもできるけど,なるべく元気でいてほしいからね。できることはやってやりたい。
そういう訳で,ぺレット3種類を少し分けてもらった。チビの餌入れに少し入れておいたら,夜には無くなっていた。さすが、ダイエット中で空腹だけのことはある(笑)
病院へ行くと、鳥関係の雑誌がたくさん置いてあって,待ち時間にパラパラと読んでみる。ある雑誌に鳥好き有名人のコーナーがあって,爆笑問題の太田夫婦が出ていた。大きなインコを飼っているそうだ。「田中がー」とか喋るそうだ(笑)
ちょっと親近感。
[PR]
# by sanadamichisuke | 2004-10-24 21:55

ビデオ「機動戦士ガンダム」第6巻

第20話「死闘!ホワイト・ベース」
第21話「激闘は憎しみ深く」
第22話「マ・クベ包囲網を破れ!」
第23話「マチルダ救出作戦」

アムロは独房に入れられたままだが,ブライトはアムロは大丈夫だろうと思っている。信用しているようだ。
しかし、それを快く思わないハヤトやカイ達は,ホワイトベースを抜け出した。説得するリュウ。
ホワイトベースを乗っ取ろうと、ギャロップが突進する。「この風,この肌触りこそ戦争よ。」ホワイトベースにランバ・ラル隊が乗り込んでくる。アムロは一時的に解放され,ガンダムに乗る。ランバ・ラルはセイラと会う。ラルは,セイラを知っており,彼女を姫と,アルテイシアと呼んだ。彼は,セイラの父親に仕えたジンバ・ラルの息子だったのだ。「作戦は失敗だ」「ランバ・ラル、戦いの中で戦いを忘れた」「兵士のさだめがどういうものかよく見ておくんだな」ランバ・ラルはホワイトベースから飛び下りて自爆する。ガンダムはギャロップを撃破。ハモンは脱出する。
この一件で,多くの若者が死んだ。リュウも負傷した。瀕死の状態で,リュウはブライトにアムロと話し合うように言う。アムロには励ましの言葉をかける。「アムロ,期待しとるぞ。」
ハモンはランバ・ラルの復讐を決意。自ら指揮し,再びホワイトベースに向かう。体を張ってホワイトベースを撃破するつもりだ。人手が足りない中,ガンタンクの故障を直しに行くリュウ。ハモンがガンダムを撃ち倒そうとしたその時,1機のコアファイターがハモンに激突し炎上した。それは、リュウの乗ったコアファイターだった。
ホワイトベースはマ・クベの鉱山を次々と破壊していった。そんな中,疲労のため,ブライトが倒れる。ジオン兵がホワイトベースに爆弾を仕掛け,ミノフスキー粒子の射出口等を破壊する。これで、敵のレーダーから丸見えになってしまった。ミライはブライトの代わりを勤めるが,上手く指揮することができず,自信をなくす。マ・クベの作戦により大勢のグフに囲まれるガンダムとガンキャノン。皆が思う「こんな時,リュウがいてくれたら・・・」ホワイトベースもメガ粒子砲の攻撃を受けたが,何とか切り抜ける。   
ホワイトベースは大破した。連邦軍のレビル将軍へ物資の補給を要請する。将軍は物資の他にガンダムのパワーアップメカを輸送するよう、マチルダに指揮する。メカのテストをしようというのだ。極秘の作戦だったが,マ・クベの部下がスパイとして入り込んでいたため情報が漏れる。物資を搬送中のマチルダ中尉はジオン軍の攻撃を受ける。出動するアムロ「お前たちにマチルダさんも補給物資もやらせるかー」しかし、ガンダムは大きな痛手を負って動けなくなる。その時,パワーアップメカがガンダムを乗せ,空中戦によりガンダムは勝利する。ミライも少し余裕を出し,ホワイトベースの修理を指示したり,ブライトを安心させることができた。

ランバ・ラルもリュウも死んじゃったよー!!ランバ・ラルの豪快なところが好きだったのに。
敵方のセイラを撃てなかったことが兵士失格だったというのだろうか。だから死を選んだのだろうか。
今まで何度失敗してもしつこく攻撃してきた人とは思えないくらいの潔さだ。
ハモンを撃とうとギャロップを攻撃したアムロは兵士の資格ありということだろうか。
リュウは、死を前に自分でやるべきことをやったんだと思う。
今後皆が生き延びるためにはアムロの力が必要だし,そのためにはブライトとアムロの仲を修復しなければならない。
あの時,それができるのはリュウだけだった。
彼も潔い。合掌。
[PR]
# by sanadamichisuke | 2004-10-24 00:52 | はじめてのガンダム

地震

新潟方面で震度6の地震が多発。
負傷者多数。死者も出たようだ。
今も時々弱震がある。
うちも今日は何度も揺れてた。震度4だそうだ。
最近地震が多いけれど、何も対策を考えていない私。
2羽の小鳥のことも考えなければいけない。
[PR]
# by sanadamichisuke | 2004-10-23 23:09