<   2005年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

湯沢へ

職場の人+αで湯沢へ。皆はスキーで私はスノーボード。金曜の夜に湯沢に着き,宿とは別の所で仮眠した。温泉付きで快適だったが,枕元で知らない人が大いびき。苦しみつつ気が付いたら熟睡していた。
今回の旅行はお互いの友人同士が参加していたので,ここで改めて挨拶&軽い飲み会。私も友人を誘っていたけれど,和やかムードだったので一安心。
土曜日は朝に宿へ向かい,着替えてそこからシャトルバスでパインリッジリゾート神立へ。私はスクールの半日コースを申し込み,他の人たちはスキーで滑りにいった。
スクールで習うのは初めてだったので、ちょっと緊張。「ターンの練習中」と言ったら中級コースになったので、かなりのプレッシャーだ。半月ぶりのボードだったし、スクールの開始時間が早かったので慣らしの時間がとれず、いきなり滑りを見せなくてはいけなかったので,ターンはボロボロ。でも、生徒3人は皆同レベルだったので,焦らず習うことができ,2時間後には3人ともとりあえずきれいにターンすることができるようになった。あとは連続でできれば。
昼は合流して美味しい広島焼きとビール。天気も良く,レッスンで汗をかいたのでビールが美味しい!
午後は皆と一緒にリフトに乗ったが,初心者ボーダーの速度とスキーヤーの速度には差があり,すぐに見えなくなってしまった。焦らず自分のペースで休み休み行く。下まで行って,一人で短いリフトに乗り,緩やかな斜面でターンのおさらい。ブーツが下ろしたてなので足が痛くなり,力が入りにくくなったので,結構転んだ。でも、粉雪だから怖くない(痛いけど・・・)。もう一度下りたら皆がいたので,短いコースをもう一度皆で下りた。そして、帰ることになったけれど,ここからが問題だった。
神立のメインゲレンデは、リフトに乗った先にあり,帰る時は林間コースを通らなければ戻れない。この林間コースが曲者で,なだらかなゆるゆる道なのだ。ボーダーには非常に辛い。進まない上に足が取られがちで,停滞しているボーダーがたくさんいた。膝も張るし、なかなかゴールが見えないし,心細くなりながら何とか到着。皆に会えてホッとした。
宿に戻り,温泉に入って夕食。差し入れの日本酒を飲みながらおいしい食事(蟹付き!)をいただく。食事を下げてもらう時に,日本酒の箱がこれ見よがしに置いてあったので,仲居さんにたしなめられる。その後すぐ、布団を敷かれてしまったので,空きスペースで各自語らう。職場の人の友人がガンダム好きで,ランバ・ラルの話やザクの話をする。友人,語る語る・・・(笑)私がガンダムを途中しか見ていないのでネタばれは避けてもらったが,ハヤトが「驚きのあの人」と結婚するとか,ブライトが結婚するとか、ちょっと聞いてしまった。良い人キャラが死ぬガンダムなので,ブライトも死んでしまうんじゃないかと思っていたが,とりあえず生き残るみたいでホッとした。あー、ビデオ見たい〜!
日曜日,大寒波のせいで外は大雪。吹雪いていたので,今日はスキー場に行かずにお土産を買って帰ることにした。越後湯沢駅にあるぽんしゅ館へ。ここは日本酒にまつわるあらゆるものが売っている。甘酒の試飲あり、お菓子の試食あり、おつまみの試食あり。酒まんじゅうにしても,八海山の酒まんじゅうとか,上善水如のゆべしとかが売っている。ここの売りは日本酒の試飲で,500円で5種類の日本酒を選んで試飲できる。塩や味噌も置いてあり,つまみにできるサービスの良さ。名前が気になっていた「鮎正宗」があったので、飲んでみた。味は菊正宗みたいで、飲みやすい。毎日の晩酌向け。日本酒度が+60の「さむらい」というのも飲んでみたが、一なめであげてしまった。ウイスキーの原液をなめた感じ。試飲して気に入った影虎の中瓶を買って帰った。
渋滞にも捕まらず、上里SAで昼食。牛乳を飲みたい人がいたので,探したら,牛の形の入れ物に入った「モーモーちゃん」という牛乳があったので,みんなで分けて飲む。適度なこくでおいしい。飲んだ後の牛の入れ物は引き取り手がなく、ゴミ箱行きとなった。さようなら、モーモーちゃん。
3時に無事帰宅。筋肉痛が・・・。
[PR]
by sanadamichisuke | 2005-01-30 23:53

遊園地再生事業団「トーキョー/不在/ハムレット」

三軒茶屋のシアタートラムへ遊園地再生事業団を観に行った。
埼玉県の北川辺町を舞台にし、ハムレットをベースにした物語だ。といっても、私はハムレットを読んだことが無い。血筋やしがらみというものを深く感じさせる話だった。途中,ダンスやアニメーションが入り、笑いもあり,面白いとともに,最後のシーン,少女の幽霊が暗闇の中に現れるシーンは,ぞくっとした。
帰り道,世田谷線に乗っていると,小雨が小雪に変わった。
[PR]
by sanadamichisuke | 2005-01-23 22:32 | 演劇

ダーツ

職場の新年会を新宿で行った後,職場の人にゴールデン街に連れて行ってもらった。友人の店だそうで,ドリンクは全て1杯500円だ。エレクトリカルダーツがあったので、やってみる。ダーツは2回目だけれど,400点を越えて,3人の中で1位だった。400点を超えれば,普通の人とやれば大抵は勝てるらしい。その後500点を越えた点数を出してまた勝った。良い気分だ。勝因は無我の境地か。
[PR]
by sanadamichisuke | 2005-01-21 22:13

ボード購入 その2

今日はとうとうボード購入の日。仕事を終え,友人と待ち合わせをして再び神保町へ。
予定の店へ行く前に,友人が以前ウエアを買ったという激安店へ行ってみる。店頭に1980円のブーツが積んである。スノボブーツコーナーを見てみると、お目当てのブーツの色違い(こっちの方がいい色!)が1足だけ置いてある。ちょうど自分の足のサイズと同じだったので,試着をして購入決定!同じシリーズでも去年の型なので、予定より1万円以上安い。板とビンディングのセットも,ブーツと同じサロモンで2万円で買えた。ケースも購入して,友人の持っていた1割引券を使って、合計3万9千円也。いい買い物した〜!!
買い物終了後は近くのタイ料理屋で夕食。友人のダメ恋愛話を聞き,別の友人と突っ込みまくる。
[PR]
by sanadamichisuke | 2005-01-20 21:51

ボード購入 その1

そんな悔しさを胸に秘め,とうとう私はスノボ購入に踏み切ったのであった!
友人が購入に付き合ってくれることになったので,とりあえず、今日は神保町へ下見に行く。
まずはブーツ選びが重要とのアドバイスだったので,ブーツを試着してみることにした。適当に選んで試着。足が全然入らない。店員のフレンドリーだか横柄だか分からない説明を聞きながら別のブーツを試着。これは入った。入ったと思って喜んでいたら、店員が戻ってこない。完全に放置され,ムカついたので別の店へ。そこでまた店員に相談し,サロモンのブーツが相性が良いという結論に達した。とりあえず、ブーツは決定した。
その後,小雨の中を3時間程ショップ巡りをした。ボードとビンディングはセットを購入予定だが,安いセットはなかなか無い。2万5千円くらいで決めようか。
[PR]
by sanadamichisuke | 2005-01-16 21:26

あっという間に新年

年が明けました。年末年始は実家でのんびり・・・のはずが、大晦日にいきなり大雪。なのに実家からは「家に来る前に蛍光灯買ってきて」と言われ,持って行くはずだった樽酒を断念して雪の中、のろのろバスに乗って誰も踏まない雪を踏み分けて実家へ。
今週の3連休は,再びスノボへ。今回は蓼科の3か所のスキー場へ行った。
1日目はピラタス蓼科へ。標高が高いせいか,木々が樹氷になっており、真っ白な世界。雪もアイスバーンの部分があるものの,サラッサラの粉雪で感動する。青空だが時々さらさらと粉雪が降る。気温は一番高いところでマイナス14度。
2日目は2in1へ。横に長いスキー場だが,中級コースでも割となだらかで滑りやすい。ここでターンの練習をするが、「まっすぐ下を向いてからくるっと回る」というのが、いまいち分からない。皆にアドバイスしてもらい,恐怖に雄叫びながら何度も失敗していたら,ある時ふとできた。皆から拍手をもらう。
3日目は富士見パノラマへ。ここは初心者用1本、初・中級者用1本の他,ゴンドラで上る2489mの非常に長いコース(中・上級者用)しか無い。初・中級者用でずっとターンの練習をしていたが,昼食前に皆に付いて1回だけ長いコース行ってみることにした。最初は緩めだし大丈夫だと思っていたが,ところどころ非常に急な所がある。斜めに滑って行けば速度も出ないし大丈夫なのだが,ガリッガリのアイスバーンだった!踏み締めてゆっくり下りていったが,一瞬ずるっと滑り,そのまま滑り台状態で20m(推定)下へまっ逆さま。柔らかい雪があれば板を止めることができるのだが,無いので止まらない。「アー!」と叫びながらとにかく足が変に曲がって折れることだけは避けなければと思い,板をまっすぐに保つ事だけに専念する。ようやく柔らかい雪のある所で止まった時は、恐怖と叫び疲れでぐったりだった。
下で待っていた人が言うには,こういう場面で滑った時には、体をなるべく起こせば止まるとのこと。今思うと,私の滑っている姿は、ウォータースライダーそのものだった。あれも、体を起こしていればあんまり速度出ないもんなー。なんで滑ってる時に気付かなかったんだろう・・・。
その後もアイスバーン&急斜面多数でビビりつつ、見守ってもらいながら何とか下まで降りることができた。ひたすらまっすぐ下りたので,腿から下の筋肉がガタガタになった。その後昼食を取り,低い所で最後の練習を、と思ったが、皆も疲れていたし高速が混むといけないので、ここで2泊3日のスノボは終了。最後が文字通りこけてしまったので,不燃焼感というか,悔しさが残った。あ〜!いつかやっつけてやる〜アイスバーンの奴〜!!
[PR]
by sanadamichisuke | 2005-01-10 23:37